news center
NEWS CENTER
力を合わせて未来開拓 -Autodesk及びRayvision CG業界新形態を切り開く

力を合わせて未来開拓 -Autodesk及びRayvision CG業界新形態を切り開く

RayvisionのプラットフォームとAutodeskを組み合わせてレンダリングするというサービスは、より楽に操作できるので、業界内でもますます多くのユーザーに愛用されるようになっています。Autodesk® Maya®、Autodesk 3ds Max®、Autodesk Arnoldなどのプロフェッショナルなツールの協力を得て、Rayvisionレンダリングプラットフォームを通じて映像制作会社たちはその制作期間の短縮、コストの削減、制作プロセスの改善を実現しました。

深セン市Rayvision有限会社(以下、「Rayvision」)は映像業界向けのクラウドコンピューティングサービス企業であり、20万人以上のユーザー数を抱えます。アカデミー賞受賞者、有名映画・テレビアニメ、映像効果、建物の可視化及びゲームスタジオなどを含め、50以上の国と地域に及んでいる。Rayvisionが持つクラウドレンダリングブランドであるRenderbusは、中国ではクラウドレンダリング界の先駆者として讃えられ、代表作には映画『戦狼2』、『哪吒之魔童降世』、『流浪地球』などがあります。

深セン市Rayvision有限会社

深セン市Rayvision有限会社

Rayvisionレンダリングの開発の背景

コンピュータ技術で映像デザインやプロデュースする分野を、国際的には通称CG(Computer Graphicsの略)と呼びます。技術であり芸術でもあるCGにはこのコンピュータ時代のすべてのビジュアル芸術が網羅されます。印刷物デザイン、ウェブデザイン、3Dアニメ、映画とテレビのSFX、マルチメディア技術、コンピュータ補助デザインを主とする建物デザインと工業デザインなどが例としてあげられます。現在、映像SFX、3Dアニメ制作、3Dゲーム制作はCG業界の最先端であり、メタバースの概念の台頭に伴い、今後CG業界には豊富な応用シーンが想定されます。

3Dアニメ制作を例にとると、通常、3Dコンテンツ制作には、プリ制作、モデリング、テクスチャマッピング、バインド、アニメーション制作、ビジュアルエフェクト制作、ライト設置、レンダリング、編集などが含まれます。レンダリングは、一連の流れを通して必要かつ重要なポイントです。

レンダリングとは、Autodesk MayaやAutodesk 3ds Maxなどのソフトウェアを使って建物やアニメーションなどのモデル、もしくは制作したアニメーションをAutodesk Arnoldなどの特殊なレンダリングツールを使って最終的なイメージや動画を作成することです。レンダリングは、3Dアニメの制作をよりアート的にし、作品の最終パフォーマンスにおいて決定的な役割を持ちます。

デザイナー、アーティスト、エンジニアはビジュアル的にインパクトのあるデザイン、SFXを作り出そうと日々尽力しています。映画の画質や映像に対するユーザーの期待は日々高まり、新しいコンセプトの車や建物のデザインも複雑になる傾向があります。その結果、レンダリング作業はこれまでにない課題に直面しています。あるインターネット調査によると、現在、中国内の映画・テレビの制作時間とレンダリング時間の比率は3:1という結果が出ています。つまり、1本の映画の制作時間の25%はレンダリングに費やさなければならないということです。

従来のレンダリングでは待ち時間が長く、技術者たちはコンテンツ制作に専念することができませんでした。クラウドコンピューティングの映像業界への応用に伴い、映像業界に新たな可能性が切り開かれました。映画・テレビ・アニメ、SFX、建物の可視化、ゲームなどの業界に従事する業者に、諸米諸外国の大予算制作に追いつく可能性を見せてくれました。

簡単に言えば、クラウドレンダリングとは、スマホやPad、PCなどさまざまな端末からファイルをアップロードし、クラウド上でレンダリングすることです。近年、ビジュアルインパクトの高い作品が続出しており、クラウドレンダリングによる映像業界への貢献が奏功しています。Autodeskソフトウェア(中国)有限会社(以下「Autodesk」)のAutodesk Maya、Autodesk 3ds Max、Autodesk Arnoldなどのソフトウェアと手を組むことで、業界全体の制作サイクル、制作コスト、制作プロセスに大きな変化をもたらしました。

このような背景を基に、クラウドレンダリングの最先端を走るRayvisionは、映像業界向けにプロフェッショナルで信頼性が高く、持続可能な革新的クラウドレンダリングを提供し、映像業界の進化をサポートします。

Rayvisionレンダリングプラットフォームの概要

Rayvisionレンダリングプラットフォームはシングルクラスタ10000ノードの大規模コンピューティング力を所有します。様々なプロジェクトに柔軟的なレンダリングサービスを提供します。2010年に最初の製品であるRenderbusを発表して以来、Rayvisionの特許技術に基づくクラウドレンダリングとTDサービスチームは業界から高く評価されています。Renderbusは巨大なコンピューティングリソース、高度なデータセキュリティ対策を備えており、全ての機能がユーザーのPipelineとシームレスに統合できます。365日24時間で技術サポートを行います。クラウドレンダリングはコストを削減し、効率を大幅に向上させてくれます。

深セン市Rayvision有限会社総経理 鄒瓊

深セン市Rayvision有限会社総経理 鄒瓊

深セン市Rayvision有限会社の鄒瓊総経理によると、Rayvisionレンダリングは主にオフラインレンダリングとリアルタイムレンダリングの2つの部門に分かれます。オフラインレンダリングは主に映画、アニメーション、SFX、建物イメージ、建物ローミングアニメーションおよび都市計画などで応用されます。中でもアニメ映画と建物アニメの分野では最もよく利用しています。リアルタイムレンダリングは主にバーチャル教育、バーチャル展示、バーチャル観光地など、リアルタイムで利用する場合に応用されます。

アニメ映画・テレビ業界を例にすると、Rayvisionのオフラインレンダリングによってその制作におけるライトレンダリングなどに費やされる時間が削減され、効率が向上されました。また、映画・ドラマの制作計画、チームとスタッフの構成などは、クラウドレンダリングによって簡易化になる可能性があります。それと同時に、制作期間が短縮され、効率も向上されます。建築業界でも、Rayvisionレンダリングは建物イメージや建物アニメのライトレンダリングの時間を大幅に短縮でき、建物の様子をいち早くプレビューすることができるようになります。

Rayvisionがレンダリングの必殺技

クラウドレンダリングは映像業界のマルチシーンのデジタル化を推進しました。鄒氏によると、クラウドレンダリングを選ぶ際、ユーザーたちは次の2点を見ているという: まずは品質です。クラウドレンダリング会社は、ユーザーの期待通りに作品をレンダリングをしなければなりません。多くの場合、クラウド環境はローカル環境と異なります。例えば、CPUやGPUがローカルと違うため、レンダリング結果は必ずしも期待通りになるわけではありません。また、アーティストによってレンダリングソフトの習熟度に差があるため、コンテンツはパラメータの値によって差が生まれます。設定を間違えると、レンダリング結果が悪かったりする可能性すらあるのです。品質上の問題に対して、Rayvisionは10年以上の業界経験と知識をベースに、コンテンツのパラメータ設定の合理性をチェックしてあげることができます。その値が合理性に欠ける場合、Rayvisionレンダリングプラットフォームから提示されたエラー情報をもとに修正し、レンダリング品質を確保することができます。

次はサービスです。CG業界は時効性を重要視する業界なので、案件が大至急な時は真夜中にレンダリングしなければならないこともあります。ユーザーのニーズを満たすため、Rayvisionは365日24時間の顧客サービスを備えています。レンダリング中に問題が発生した場合、専門的なTDチームがサポートしてくれます。また、難易度が高く複雑な問題の場合、RayvisionはAutodeskなどの技術専門家と協力して、問題が解决するまでサポートしてくれます。このような専門的な技術サービスチームがあるからこそ、主な映画・テレビ制作会社はRayvisionレンダリングを選んでくれていると言えます。

もちろん、上述した品質とサービスに加え、時間の短縮と期限を保障できるかという点で、十分なコンピューティング力と十分なサーバー資源もユーザーがクラウドレンダリングを利用する際に考慮する点です。

長年にわたる業界での実践とサービスの改良をし続けてきたRayvisionは、ユーザーのニーズを真っ先に考え、新技術を通じて業界に低コストで高効率、信頼性の高いクラウドサービスを提供してきました。その結果、Rayvisionのサービスは業界からの高い評価に繋がったのです。

力を合わせて未来開拓 -Autodesk及びRayvision CG業界新形態を切り開く

Rayvisionの発展とサービスがユーザーから高評価を得られたのは、主に次の3点が考えられます。まず、映像業界に対する理解度が深く、業界トップの専門TDチームと開発チームを備え、案件経験も豊富であることです。次に、映像業界向けのサービスに10年以上に専念し、大量の研究開発により技術的にリードしたことで、業界のベンチマークと呼ばれるようになりました。最後に、映像業界に特化した究極的に調整されたコンピューティングプールを所有することにより、極めて高いコストパフォーマンス備えたと同時に、制作効率を大幅に向上させたことがあげられます。

デジタル・エンターテインメント・コンテンツ制作の強者——Autodesk

前述したように、現在アニメ映画と建物アニメは、Rayvisionレンダリング最も多く利用する2つの分野です。また、世界的なデザインソフトウェアおよびデジタルコンテンツ制作会社として、繊細な戦争シーンから超リアルな生物、複雑な気象効果から広大な地形に至るまで、Autodeskのデジタルエンターテインメント制作ツールは、CGユーザーやVFXアーティストのインスピレーションと情熱をパワフルな技術力で解放してくれます。

Maya、3ds Max、Arnoldは、デザイナーやアーティストたちが多くよく使うデジタルエンターテインメントのツールです。MayaはAutodeskからリリースされた優秀な3Dアニメソフトで、映画やテレビ広告、アニメーション、映画SFXを対象とします。Mayaには高度なアニメやデジタルエフェクト技術が整合されており、通常の3次元やエフェクト制作機能だけでなく、高度なモデリング、デジタル布のシミュレーション、ファーレンダリングおよびモーションマッチング技術も統合されています。完備した機能、優れた柔軟性、高い制作効率、リアリティーなどを備え、映画制作で使われる高度なソフトウェアです。3ds MaxはPCシステムに基づく3Dアニメレンダリングと制作ソフトウェアであり、入門が簡単で効率も高く広告、映像、工業デザイン、建物デザイン、3Dアニメ、マルチメディア制作、ゲーム、エンジニアリングの可視化などに広く応用されています。AutodeskのレイトレーシングレンダラーArnoldは、物理ベースのレイトレーシングレンダラーであり、アーティスト、現代アニメ、ビジュアルエフェクト制作のニーズに対応するように設計されています。近年、専門的な映画制作ツールとして世界的に最も広く使用されているレンダラーの1つです。過去16年間のアカデミー賞VFX賞を受賞した多くの作品は、Autodeskのソフトウェアを使用しています。

深セン市Rayvision有限会社の鄒瓊総経理とのインタビューで、Autodeskが持つ先進性と汎用性のおかげなのか、現在Rayvisionのオフラインレンダリングタスクにおいて、50%以上のコンテンツがMaya、3ds MaxおよびArnoldを使用していることを教えてくれました。また、Rayvisionのこれまで経験と3Dアニメ業界全体を俯瞰すると、80%以上の企業がAutodeskのソフトウェアを使用して画期的なSFXを生み出していることがわかります。

デジタルアートの新体験をクリエイト

成功は協力し合うことにあり、協力して天下を勝ち取ります。AutodeskとRayvisionは同じ生態系とユーザー層を共有します。業界が活況を呈する中、AutodeskはRayvisionと戦略的関係を結び、CG業界にデジタルアートの新たなページを共同で作り上げます。

では、AutodeskとRayvisionレンダリングはどのようにしてシームレスに合体するのでしょうか。鄒氏は「Mayaを例にとると、アニメのワンシーンを作成したらライトレンダリングを経て最終結果を書き出すのですが、レンダリングは時間とパソコンのスペックが問われるので、現在、RayvisionはRayvisionレンダリングプラットフォームをプラグインの形式でMayaに統合させ、レンダリングのメニューを足したような感覚です。レンダリングメニューをクリックするだけで、作成したコンテンツをRayvisionのクラウド上でレンダリングさせることができて、タスクが完了したら、Rayvisionレンダリングのシステムは自動的にその成果をローカルストレージにダウンロードしてくれます。これがRayvisionレンダリングの一部始終となります。Rayvisionはまた、大量のレンダリングファイルを一括アップデートしたいユーザー向けにクライアントを提供します。これにより待つ時間が省けられて、一度に数十個のファイルをクライアントにドラッグ&ドロップするだけで済みます。全体を通して、クラウド上のスーパーコンピュータが恰も自分のパソコンと化したかのようなので、レンダリング速度も大幅に向上するはずです。

RayvisionのレンダリングとAutodeskを組み合わせたこのサービスは、ユーザーがより簡単に操作できるので、業界内でもますます多くのユーザーに愛用されるようになっています」

バリューを繋ぎ合わせ、生態を共有

AutodeskとRayvisionは、それぞれの分野の最先端を走りながら、同じユーザー層と似たビジネスビジョンを持ちます。鄒瓊総経理は次のように述べました「AutodeskがRayvisionにもたらす価値は、主に2つがあります。まず、3Dコンテンツ制作の分野が膨大で、Autodeskを利用するユーザーも多く、顧客ニーズも多数存在するので、そこにRayvisionのチャンスが生まれます。次に、Autodeskの普及と継続性が非常に優秀で、多くの二次制作チームがプラグインやモジュールなどさまざまなリソースを提供しており、ユーザー間の交流が確立されています。Autodeskを中心にクリエイティブチーム、アーティスト、TD、開発者などで形成された生態系において、Rayvisionはそのレンダリングサービスをもって、この生態系の持続的発展を更なる高みへと運んでいくでしょう。これはRayvisionが重要視する点でもあるのですから」

一方、Autodeskにとって、RayvisionはユーザーとAutodeskの間に架け橋を作ってくれています。RayvisionはユーザーのニーズとAutodeskの両方を深く理解しており、ユーザーからの正確なフィードバックを入手することができます。これらの情報はAutodeskの開発チームにとっては貴重な情報であり、これはRayvisionがAutodeskにもたらす価値でもあります。

融合と相互作用、可能性を切り開く

将来の展望について「RayvisionはAutodeskと提携範囲を現在のMaya、3ds Max、Arnoldソフトウェアから建設業や製造業へと拡大させ、共同で市場を開拓することを望んでいる」と鄒氏は述べます。Rayvisionのプラットフォームは今後、ソフトウェアレベルと運用レベルでAutodeskと統合できるよう、その他のAutodesk製品や機能にアクセスできるように尽力するほか、ソフトウェアの更新において、条件の許す限り、両社の技術的な交流をさらに深めさせることで、ユーザーに豊富な新機能を提供できるように望んでいます。

グローバルな視野を持つ多国籍ソフトウェア企業として、Autodeskは中国に根ざして30年近くになります。同社は長年に渡り、オープンで活力に満ちた業界環境を構築しようと、中国市場内で直接リソースを提供するさまざまな国際的および国内のパートナーを築き上げてきました。デジタル化と関連する革新的なスタートアップ企業の製品と技術は、このような生態系の中にうまく溶け込むことで、価値ある交流をすることができるようになります。

うれしいことに、この生態系のために自分たちの力を貢献しようと、AutodeskとRayvisionはこのような価値のある交流をし続けています。ぜひ、私たちの今後のさらなる提携と発展にご期待あれ!

深セン市Rayvision有限会社の鄒瓊総経理は、「Autodesk製品の普及度、安定性、継続性は非常に優れています。Autodeskを中心にクリエイティブチーム、アーティスト、TD、開発者などで形成された生態系において、Rayvisionはそのレンダリングサービスをもって、この生態系の持続的発展を更なる高みへと運んでいくでしょう。これはRayvisionが重要視する点でもあるのだから」と述べました。

Key Words

search
3D Art Competitions|3D Tool|Trailer|Fox Renderfarm Promotion|Cloud Rendering Farm|Annecy Festival|MILESTONES|Fox Renderfarm|Desktop Client|Blender|Bollywood films|Hum3D Contest|NVIDIA|Silkroad Digital Vision|Malaysian Animated Films|Indiajoy|Architectural Visualization|CGarchitect Architectural 3Dawards|Best cloud rendering services|Render cloud|VFX|Upin & Ipin|Green Book|Fox Renderfarm Interview|Mission Mangal|Kre8tif!|Fox Renderfarm Mini Program|CG|CG Tech Summit Malaysia|film works|cloud rendering|Golden Horse Award|Shadow|SIGGRAPH Asia 2018|Morrigan Flebotte|VWArtclub Annual *Contest|Asswad Mouhamad|animation works|IMax Studio|Boonie Bears|Renderosity|Gary S. Kennedy|Evermotion Challenge 2018|Brian Beaudry|Bobby Bala|Mohit Sanchaniya|Katapix Media|Flying Car Productions|Razer|The Shipment|FoxRenderfarm|CG Tech Summit|Alpacalypse Productions|halloween|Hum3d Survial Car Challenge|Federico Ciuffolini|Ralf Sczepan|Iavor Trifonov|Clarisse|CGTS Malaysia|Isotropix|C4D|Tomasz Bednarz|V-Ray|Cinema 4D|MAXON|siggraph caf|Evermotion challenge 2017|CGTrader Space Competition|film of the year|Le Anh Nhan|Planet Unknown|Fox Renderfarm 2017 Achievements|CSFF|Julio Soto|boar 2017|Deep|SIGGRAPH Asia 2017|Chris Sun|Glass Cage|Making Life of Bri' n Chris|anthem studios|The Rookies|Peter Draper|Makuta VFX|Baahubali 2|CG Competition|enchantedmob|CG Studios|Academy Awards|CGVray|weeklycgchallenge|SketchUp|siggraph 2017|Chris Buchal|SIGGRAPH Asia|LightWave|Indigo Renderer|Rafael Chies|V-Ray RT|CPU Rendering|NVIDIA Iray|Chaos Group|OctaneRender|Redshift|STAR CORE|CICAF|VR|Mr. Hublot|Ribbit|GPU Rendering|Linux|Monkey Island|LuxRender|HPC|Render Farm|Life of Bri|WORLD LAB|Michael Wakelam|3D Rendering|Online Render Farm|Alibaba|Baahubali|VAX|Malaysia|2015 Hangzhou Computing Conference|Oscar|SIGGRAPH|CGTrader|Kunming Asia Animation Exhibition|Evermotion|RenderMan|

Categories


Fox Renderfarm News

Fox Renderfarm Projects

Fox Renderfarm Lectures

CG Challenges

Top News

Blog

Fox News

Fox Talk

Trending

Recent News List


'Descendants: The Rise of Red' Gets Official Trailer 

'Descendants: The Rise of Red' Gets Official Trailer 

2024-05-28

Autodesk Arnold 7.3.2.0 Update: Enhancements and Improvements

Autodesk Arnold 7.3.2.0 Update: Enhancements and Improvements

2024-05-27

Sony Pictures Drops Official Trailer for 'Harold and the Purple Crayon'

Sony Pictures Drops Official Trailer for 'Harold and the Purple Crayon'

2024-05-24

Behind the Scenes: Framestore’s Dino-Mite VFX for 'Prehistoric Planet'

Behind the Scenes: Framestore’s Dino-Mite VFX for 'Prehistoric Planet'

2024-05-24

Fox Renderfarm New CG Challenge: FGT3D The Ruins Challenge

Fox Renderfarm New CG Challenge: FGT3D The Ruins Challenge

2024-05-22

The Magical World of Oz Awaits: 'Wicked' Soars into Theaters Soon

The Magical World of Oz Awaits: 'Wicked' Soars into Theaters Soon

2024-05-21

Return to Middle-earth: "The Lord of the Rings: The Rings of Power" Season 2

Return to Middle-earth: "The Lord of the Rings: The Rings of Power" Season 2

2024-05-20

Silence is Survival: "A Quiet Place: Day One" Set to Thrill Audiences in 2024

Silence is Survival: "A Quiet Place: Day One" Set to Thrill Audiences in 2024

2024-05-17

Exploring the Success behind Brooklyn Digital Foundry’s Viz Pro of the Year

Exploring the Success behind Brooklyn Digital Foundry’s Viz Pro of the Year

2024-05-16

Partners

  • Foxrenderfarm

    Powerful Render Farm Service

  • TPN
  • TPN

    Business Consulting

    Global Agent Contact:Gordon Shaw

    Email: gordon@foxrenderfarm.com

    Marketing Contact: Rachel Chen

    Email: rachel@foxrenderfarm.com

    Connect with Us

Fackbook Customer Reviews